クリックするとフォト蔵にジャンプ(創作生活 by (C)AtsuSacaqui)
<< Winにziprubyのインストールしたいけどできないとき… | main | [鍵語]心肺蘇生法-ポンプアップはゆっくり、気道確保が重要- >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

++ tweet it! ++
スポンサードリンク * - * * - * -
http://atsu23.jugem.jp/?eid=

[MBA]交換価値は値段、使用価値(快楽的価値)はダンス

評価:
Jessie J,B.O.B.
Universal UK
¥ 1,260
(2011-03-15)

商品には交換価値と使用価値がある。そう定義したのは マルクス、1867年の資本論の中。交換価値は価値のあるモノとモノとを交換するときの量の比率。現代では値段で換算する。使用価値はモノの機能。しかし、1982年にHolbrookとHirschmanが価値の概念を一新した。価値はモノに内在するのではなく、ひとが自分の経験のなかで作っていくものだと言った。卵は、食するという目的では栄養と言う機能(使用価値)で、その交換価値は1パック12個128円(安い!)。しかし、卵の殻をつかってモザイク画を作るとき、それは画材になる。機能はひとが決める。さらに、卵の殻をぶちぶちして遊ぶ時、それは娯楽であってなんらかの目的のために卵を手に入れるわけではない。たまごはたまごでも、その価値はひとつではないのである。

それをあるいみ言い得ているのがJeesie JのPrice Tag.

It's not about the money, money, money 
We don't need your money, money, money 
We just wanna make the world dance, 
Forget about the Price Tag 

「おかねのことじゃないのよ」
「あなたのおかねはいらない」
「ただ世界をダンスの場にしたいだけなの」
「値札のことは忘れてよ」

交換価値に規定されたらつまらん。消費者も、価値を自分で決めていけばいいのである。自分の経験がそのまま価値になるのだな。



翻訳はここで
++ tweet it! ++
AtsuSacaqui * 経営-MBA- * 22:20 * comments(0) * trackbacks(0)
http://atsu23.jugem.jp/?eid=702

スポンサーサイト

++ tweet it! ++
スポンサードリンク * - * 22:20 * - * -
http://atsu23.jugem.jp/?eid=

コメント

コメントする









トラックバック