クリックするとフォト蔵にジャンプ(創作生活 by (C)AtsuSacaqui)
<< はらわた煮えくり返るほど腹の立つ悪役を演ずるふたり | main | 若葉が出てきた. >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

++ tweet it! ++
スポンサードリンク * - * * - * -
http://atsu23.jugem.jp/?eid=

いくつかのテーマの、夢

夜になって、久しぶりの頭痛.それで眠った.その後見た夢.テーマは4つ.

まず、私はサウジアラビアの王族の息子か娘と友人関係にあった.その友人に会うために、自動車で移動している.連れて行ってくれているのは、彼(彼女)の姉.友人の姉は、友人の恋人がひどくわがままで腹を立てていた.でも、話しを聞いていると、その姉も、友人を自分の所有物のように扱っているようにみえた.それを自分で分かっていない.でもそれは黙っておいた.

自動車は、山を抜け、どこかに向かっていった.その後不動産屋に到着し、家族か誰かと、何か相談をすることになっていた.その場所はいつのまにか自宅になった.その間、小学生からの友人に電話をかけ、40万円のお金の借り入れをお願いした.久しぶりに電話をしたのだが、引き受けてくれた.当初会社を開くための軍資金のような感じだったが、あとになって、意味不明になってた.

途中からスポーツを強くなりたい、という話しになった.鍛えるために、テニスボールをいつも握っていることになった.

ある場所についた.そこは、テーマパークのようなショッピングセンター.いろいろな店があって、道でつながっている.地図もある.そこに18時になると、恐ろしい人食い人種?がくるという話しが広がった.私も含め、みなをそのパーク内に集めるように声をかけていった.

パークには門があり、閉めることができる.それで安全か分からないので、時間になったら隠れている必要がある.そんなあわただしい中、メガネをかけた小さなおばあさんが、「21番」の店に行きたいといってきた.地図を見せると、奥であることが分かった.おばあさんは、よくわかってないが、自分で行くといっている.誰も一緒に行ってあげようとしないので、私が行くことにした.おばあさんは、歩きは達者で、すたすたと歩き、目的の店にたどり着いた.怖いひとたちがくることも分かってて「おそろしいね」と、人事のように言っていた.

その間、借り入れを依頼したときに、口座番号など教えなかったことに気づいた.どうやって振り込むのか疑問に思いながら、再度の連絡を待ったが、その後、連絡なかった.

そこで眼が覚めた.まだ頭痛が少し残っていた.
++ tweet it! ++
AtsuSacaqui * 夢知-sonho- * 06:37 * - * trackbacks(0)
http://atsu23.jugem.jp/?eid=532

スポンサーサイト

++ tweet it! ++
スポンサードリンク * - * 06:37 * - * -
http://atsu23.jugem.jp/?eid=

トラックバック