クリックするとフォト蔵にジャンプ(創作生活 by (C)AtsuSacaqui)
<< うんこブログ | main | エニアグラム(更新) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

++ tweet it! ++
スポンサードリンク * - * * - * -
http://atsu23.jugem.jp/?eid=

エゴグラム(更新)

エゴグラムをやってみた(エゴグラムとは…)

5つのエゴ(自分)の解説
  • CP(controlling parent):
    理念力.支配的な親もしくは父的なイメージ.厳しく,正義感が強く,理想に燃える自分.
  • NP(nurturing parent):
    支援力.養育的な親もしくは母的なイメージ.愛性を持ち,優しく保護する自分.
  • A(adult ego state):
    論理力.合理的な大人の自分.冷静に分析する自分.
  • FC(free child):
    活発さ.天真爛漫で無邪気なこどもの自分.
  • AC(adapted child):
    協同力.従順なこどもの自分.順応し,いい子を演じようとする自分.

エゴグラムによるあなたの性格診断結果


CPNPAFCAC
普通(強)


それぞれの"エゴ(自我もしくは自分)"の特性から判断してみる.

CPが弱くNPが強い,ということは,正義感や道徳心などが欠乏している.逆に,全体を受容する母性が強い.かなり,バランスが悪い.ダメなことはダメと言う態度を意識するとともに,また,つくす余りに相手の成長を阻害するという面も持っていることに注意する必要がある,ということだ.

次に,Aが強くFCが弱い.物事の状況の把握は得意だが,そこから自分を実行に導く力に乏しい.なぜ実行力に乏しいと言えば,行動の動機づけの源泉である感情把握しにくい構造になっているから.

Aは思考でFCは感情,と対比させるならば,思考に頼りすぎるあまり,喜怒哀楽に気づきにくくなる.それは,行動への動機づけ欠如だけでなく,望んでいることと思っていることがアンビバレントになり心理的な負担にもなる危険もある.感情は行動の源泉である.また本心の可能性も大きい.感情がない人間はいないのだから,自分自身への関心も強めるべきであろう.

最後に,ACが弱い.ストレスを溜めにくい,という点ではいいかもしれないが,NPが弱い上にACも弱いとなると…世間をちっとも気にしない独善的で頑固な態度になる可能性あり.要注意.

  ☆ ☆ ☆

以上をまとめてみると…自分というものには2面性があり,バランスが大切.しかし,こういう自分はすでにできあがっているのだから,バランスが崩れたところは,後天的に工夫し,上手に活かしていくしかない.ということで,以下,結論.

ワタシの独特性は,縛られないオリジナルな発想ができることにある.それを大切にしつつ,その発想が混沌としないような軸となる志向性を意識し,且つ,多様な視点も取り込めるように他人に問いかけていけばいい,また,自分の感情に関心を向けることによって小さな行動へと動機づけていく.その先に何かが生まれる.
++ tweet it! ++
AtsuSacaqui * 自分-perfil- * 00:00 * - * trackbacks(0)
http://atsu23.jugem.jp/?eid=388

スポンサーサイト

++ tweet it! ++
スポンサードリンク * - * 00:00 * - * -
http://atsu23.jugem.jp/?eid=

トラックバック