クリックするとフォト蔵にジャンプ(創作生活 by (C)AtsuSacaqui)

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

++ tweet it! ++
スポンサードリンク * - * * - * -
http://atsu23.jugem.jp/?eid=

大きいワシをてなづける夢

久しぶりに象徴性のある夢を見た。ストーリーは忘れたが、木でできた橋を渡るときの出来事。

ある区域にはいると、獰猛な動物もおとなしくなる。映像として憶えているのは、自分と同じ身長のワシが歩いていて、こちらに寄ってくる。少しビビりながら、待っているとワシは目の前に止まって待っている。首の後ろを撫でてあげると、目をつむってじっとしている。心地良いようだ。私は恐ろしさは忘れていた。仲良くなれるんだな、と、思っていた。そして、自分の中に「力」を感じた。

そこで目が覚めた。

夢に出てきたワシはオジロワシだったと思う.
++ tweet it! ++
AtsuSacaqui * 夢知-sonho- * 08:00 * comments(0) * trackbacks(0)
http://atsu23.jugem.jp/?eid=741

グレートバリアリーフのような海を泳ぐ、夢

また、久しく観てなかったような、且つ、感情の持ち方がいままでと異なる夢を見た.

場所はパーティか繁華街か、そんなイメージ(具体的には記憶無し.ひとがいてにぎやかだった).そこで女性と知り合った.好印象を持っていたので、過去の記憶の総体だろう.とにかく前向きに気に入っている感情を持っていた.

観光のように、集団で場所を移動していく.女性も一緒である.

さて、細かいイベントがありつつ、印象に残ったのは最後のシーン.目の前に海岸が広がり、その向こうに常夏のきれいな海がある.西欧人らしい観光客が大勢水着で歩いている.水泳もしている.

私も海に入り、奥の方まで泳いでいく.岸まで100メートルくらいの距離に、同じように泳いできたひとたちもいる.ふと、さきほどの女性がどこだか気になって、探してみる(もちろん、泳いで).そこにはいないようだ(特に深い感情はなし).

そろそろ沖に戻ろうかと、ぐるりとまわりながら、海岸の方向を見定める.しかし、海流のせいかなかなかそちらに進めない.これは疲れると思ったので、近くにあるマングローブのように海の上に生える大きな木の島に向かって泳ぐ.しかし、そちらはもっと海流が速いので、流され戻って来れないかもしれない.しかも、もっと沖である.

しかし、特に不安もなく泳いでいき、たどり着く.気づくと他のひともいる.

しかも、たどり着いて、木の島の繋がっている方向をみると海岸のショッピングタウンに直接繋がっている.歩いて渡れるようだ.でも、私は歩きたかったので、海に飛び込み、また泳いでいった.
++ tweet it! ++
続きを読む >>
AtsuSacaqui * 夢知-sonho- * 06:04 * comments(1) * trackbacks(0)
http://atsu23.jugem.jp/?eid=693

いたずら好きのガキにカネを取られ、しかも、知人にウソの居場所を言われる、夢

 今朝、二度寝で観た夢.ひさしぶりにトリックスターが出てきた.如実にトリックスター的な登場人物は何年も観ていない.

内容はどうってことない.男の子と話していると、そのガキが私のカネをだまして取り上げた.そのあと、場面変わって、ガキは私と離れたところにいる.私は友人と会う約束をしているのだが、その友人に、あろうことか、ガキはウソの居場所を伝えているのだ.慌てて、かけよろうとしたが、友人は移動してしまった.ガキを追いかけたが、棒切れで私に向かって来ようとして、そのまま逃げてしまった.

トリックスターが現れる、ということは、私の意識がなんらかの一面的な方向性に偏っているから.それはなにか.気づけないからこそ自分の意識.それに気づくには?これはもう、夢に聞いてみるしか無い.大きな事故がやってくる可能性ある.自分の思いもよらない発言をしたり、行動をしたり.でも、それは調和しようとする、内面からの働きかけである.

とはいえ、大きな事故で悪い結果にならないように、気を配っている必要あるだろう.

それにしても、夢のなかでかなり腹をたてていた.私のシャドーだ…なんだか、外見は職場の部下に似ていたような気も…
++ tweet it! ++
AtsuSacaqui * 夢知-sonho- * 11:19 * comments(0) * trackbacks(0)
http://atsu23.jugem.jp/?eid=692

クローサー的映像の中の2匹の猫

評価:
---
ワーナー・ホーム・ビデオ
¥ 1,390
(2009-12-09)

 久しぶりに、覚醒したあと、夢を思い出した.朝5時に目が覚め、2度寝したあとの夢.ここのところの生活は、ひさしぶりの講義と研究計画書の期日と、トピックがあって、それに合わせて行動していた.脳みそをフル活用.ビジネスとは違い、きわめて論理的にものごとを考えていた.そんな数日間.そして、夢をみた.

いつものごとく、夢なので、因果関係やストーリーの整合性はなし.いろいろと場面はあったのだが、一連のストーリとして思い出したのは女性とその飼い猫が殺される場面.

その女性は、その前のシーンで、一緒に町を歩いていたその人かなぁと想像.人種は日本人のようなでも髪の毛はブロンドで長くフランス人っぽくもあり、要は、女性の統合系.理由はわからないが、彼女はベッドの上で首を絞められて息を引き取っていた.白いベッド、衣装はリラックスできる服.

なんとなく、そのシーンがニュース報道のような解説が流れていた気がした.きっとテレビのニュース風なのだ.クローサーの現場シーンのようにフレームが移動する.そして、猫が2匹.つがいで並んで死んでいる.やはり首を絞められたよう.眠っているようにそこにいる.

そのシーンを見ながら、怒りの激情を感じていた.動物に対するなみなみならぬ思い入れがあるゆえに、当然といえば当然.その怒りを持ちながら目を覚ました.覚ました直後には、その怒りは忘れていたが、なんとなく不安感がある目覚め.

私は、心理学の分析においては、ユング派の考え方を持ち込む.見た本人が何を思い、何を知ったが重要という視点.さて、動物は自然の象徴である.そして、無意識の象徴である.ペアの猫.オスとメス.対となるふたつが死んでいる.そして私の怒り.うーむ、なにかバランスが崩れているのか、それとも、逆に「死」をイニシエーションと捉えると、私の内面におけるなんらかの変化を予期しているのか.

ともかく印象的であったし、内面に関係しそうなので、日常生活に注意を払うことにしよう.
++ tweet it! ++
AtsuSacaqui * 夢知-sonho- * 08:14 * comments(0) * trackbacks(0)
http://atsu23.jugem.jp/?eid=681

実家の家を売り、馬の親子を助ける、夢

支離滅裂な展開。組み合わせ変幻自在。そんなストーリー。

家を売ることになった。理由は…不明。ともかく、売ることになった。でも、売り手がいつからない。そこで、飼い主を探すことになった。

さて、そこからなぜか話が急展開。ある牧場で馬が生まれた。2頭。でも、飼えないという(牧場だから、飼う…というのも変だけど、そういうニュアンスになっていた)。だから、馬の飼い主を捜すことになった。

ところが、そこで葛藤がおこる。そこまで言うなら、自分で飼えばいいではないか、と。自分の内面だけでなく、周囲のひとからもツッコミがはいる。

馬は超かわいい。放っておいたら、処分されてしまう。だからなんとかしなければ。必死で探そうとしながら、しかし、そこで、なぜか追っ手が登場。私は誰に追われておるんじゃっ(笑)。夢なので冗談は通じずに、必死に逃げる。でも、馬をどうにかしようと考え続けている。

その繰り返しで目が覚めた。訳が分からん。
++ tweet it! ++
AtsuSacaqui * 夢知-sonho- * 20:45 * - * trackbacks(0)
http://atsu23.jugem.jp/?eid=544

中田英寿その他大勢に追いかけられる、夢

うれしくない夢で、眼が覚めた.2:46.

詳細な設定は忘れたが、ともかく、追いかける者と追いかけられる者がいて、オレは追いかけられる側だった.とつぜん始まった鬼ごっこ、そんな感じ.

命を狙われるわけではないが、タッチだか、なにかを体につけられると、なにかをしなければならない…その何かは忘れたが、そんなルール.建物の中で、以前勤務していた会社の面々とかもいた.

中田英寿も出てきた…昨晩、彼がトーハトのクッキーをプロデュースした、というニュースを見たので、その所為だろう.話しかけたら、あまり会話してくれず、高級ブティックに入っていってしまった…オレの彼へのイメージはそんな感じなんだろう.まぁ、偏見だな(^^;.

さて、この鬼ごっこ.すごくウザい.やめたくてもやめられない.抜けたいのに、いつまでも追いかけてくる.疲れる.

そんな感じで夢見つつ、途中で眼が覚めた.のどが渇いて、嫌な感じだ.なんだこりゃ.
++ tweet it! ++
AtsuSacaqui * 夢知-sonho- * 03:50 * - * trackbacks(0)
http://atsu23.jugem.jp/?eid=538

いくつかのテーマの、夢

夜になって、久しぶりの頭痛.それで眠った.その後見た夢.テーマは4つ.

まず、私はサウジアラビアの王族の息子か娘と友人関係にあった.その友人に会うために、自動車で移動している.連れて行ってくれているのは、彼(彼女)の姉.友人の姉は、友人の恋人がひどくわがままで腹を立てていた.でも、話しを聞いていると、その姉も、友人を自分の所有物のように扱っているようにみえた.それを自分で分かっていない.でもそれは黙っておいた.

自動車は、山を抜け、どこかに向かっていった.その後不動産屋に到着し、家族か誰かと、何か相談をすることになっていた.その場所はいつのまにか自宅になった.その間、小学生からの友人に電話をかけ、40万円のお金の借り入れをお願いした.久しぶりに電話をしたのだが、引き受けてくれた.当初会社を開くための軍資金のような感じだったが、あとになって、意味不明になってた.

途中からスポーツを強くなりたい、という話しになった.鍛えるために、テニスボールをいつも握っていることになった.

ある場所についた.そこは、テーマパークのようなショッピングセンター.いろいろな店があって、道でつながっている.地図もある.そこに18時になると、恐ろしい人食い人種?がくるという話しが広がった.私も含め、みなをそのパーク内に集めるように声をかけていった.

パークには門があり、閉めることができる.それで安全か分からないので、時間になったら隠れている必要がある.そんなあわただしい中、メガネをかけた小さなおばあさんが、「21番」の店に行きたいといってきた.地図を見せると、奥であることが分かった.おばあさんは、よくわかってないが、自分で行くといっている.誰も一緒に行ってあげようとしないので、私が行くことにした.おばあさんは、歩きは達者で、すたすたと歩き、目的の店にたどり着いた.怖いひとたちがくることも分かってて「おそろしいね」と、人事のように言っていた.

その間、借り入れを依頼したときに、口座番号など教えなかったことに気づいた.どうやって振り込むのか疑問に思いながら、再度の連絡を待ったが、その後、連絡なかった.

そこで眼が覚めた.まだ頭痛が少し残っていた.
++ tweet it! ++
AtsuSacaqui * 夢知-sonho- * 06:37 * - * trackbacks(0)
http://atsu23.jugem.jp/?eid=532

ヤクルトジョア(ブラックバージョン)を探す、夢

探し回る夢(久しぶり)

冷蔵庫を開けると、ヤクルトジョアがあった.パッケージは黒い…一体なんの味なんだ(^^;

それを飲んだ.その直後、知り合いの女性が帰ってきて、それは自分のものだという.激怒.仕方ないので、替わりのものを探しに行った.

当日は日曜日.牛乳屋は休み.でも、もしかしたらと、探し回った.いなかの自動販売機も見た.しかし、見当たらず.

悩んでいる途中で目が覚めた.
++ tweet it! ++
AtsuSacaqui * 夢知-sonho- * 00:00 * - * trackbacks(0)
http://atsu23.jugem.jp/?eid=529

愛犬が目の前で自動車に轢かれる、夢

かなりショック受けた夢

ワタシは山に行っている.
今たっているのは、舗装された道路の道脇.
自動車は通っていない.

気づくと愛犬(犬種はシープドッグ…実際の犬種とは違う)が道路に立っている.
その後方からトラックが近づいているのに、動かない.
ワタシは声が出せない.

そのまま、トラックは、犬の上を通過した.
犬はつぶれてしまった.
母親が別の場所で見ていた.

ワタシは、大声でわめき叫んだ.
心がかき乱される感じ.
しばらくその状態.

そこで目が覚めた.
++ tweet it! ++
AtsuSacaqui * 夢知-sonho- * 00:00 * - * trackbacks(0)
http://atsu23.jugem.jp/?eid=528

ひとを殺す夢(孤独感と心的圧力と罪との間の葛藤)

久しぶりの夢投稿.
明け方に見た気がする(目を覚ましたとき,うっすらと明るくなってきていた…気がする)

  ☆ ☆ ☆

私は男にストーキングされていた.その男はどこかの組織に入っていて,邪魔をするものを始末するのが仕事…みたいな感じ.もしかしたら,用心棒とかそういうのかもしれない.

なぜ追われるようになったか,その顛末も見たのだがよく憶えてない.なにか特別なことを知ってしまったから,だったかもしれない…あ,いや,そんな大層なことではなく,シーンを今,思い出した.砂浜の場所区切りのために敷設された柵を越えて,歩いたから,かもしれない(^^;
++ tweet it! ++
続きを読む >>
AtsuSacaqui * 夢知-sonho- * 00:00 * - * trackbacks(0)
http://atsu23.jugem.jp/?eid=506